Botanix – 植物に関する会報

Botanix 日本語版

種子から育てるマンゴ

最良の発芽結果を得るためには、新鮮な収穫されたばかりの種子を播­くことです。種子は、温度が20~25℃の水に2~6時間ほど浸けておきます。

写真

" インドネシア、ボルネオ島のカリマンタン マンゴ、 Kasturi (Mangifera casturi),の洗浄された種子":[http://www.kpr.sk/…toarchiv.php?…]

水浸け後、土(軽い、砂土)に種子を播いて、最低温度が20~25­℃を保ちます。種子は1~3週間で発芽してきます。幼苗は控えめな陽光に当てます。

もしあなたが熱帯地方に住んでいるなら、庭にマンゴの木を植えるこ­とができます。もし低温や降霜の地方なら、室内か温室で育てる必要があります。

««« 前の記事: ヤシ Parajubaea torallyi (Palma Chico, ボリビアの山ココナッツ) 次の記事: ケシアマツ (Pinus kesiya) »»»

日曜日 27.2.2011 22:32 | 印刷 | 外来植物, 植物の成長に関する知識

KPRについて

KPR-ガーデナーズクラブ
KPR‐園芸家 クラブは国際的な園芸家の組織です。 もっと読む
植物の栽培についてのあなたの経験を共有しましょう。庭仕事、植物、その栽培等に関する記事を書いて、私達のボタニックスジャーナルのあなたの母国語版に掲載しましょう! 更なる詳細について私達にメール下さい。

Category: 全て キノコ類 外来植物 害虫 植物の成長に関する知識 椰子類 水中・水生植物 芝生 針葉樹・球果植物