Botanix – 植物に関する会報

Botanix 日本語版

インドネシアのマンゴ

インドネシアのボルネオ島には、島内で自然発生した34種類のマン­ゴの品種があります。これらの品種の多くは、熱帯雨林の山林伐採により、重大な絶滅の危機状態にあります。いくつかのマンゴの品­種、例えばカリマンタン マンゴ(Mangifera casturi)は野生では既に絶滅しています。

ボルネオ島の他のいくらかのマンゴの木の前途も、例えば、Mangifera griffithi (次のようなローカル名で呼ばれている: asem raba, and romian), Mangifera pajang (asem payang), Mangifera quadrifida (asem kipang) や Mangifera torquenda (asem putaran)等も 同様です。

芳香性マンゴ(Mangifera odorata)は東南アジアに自生するマンゴの品種として一般的です。そ­れは最も一般的に育っているマンゴ(Mangifera indica)とハウス マンゴ(Mangifera foetida)との交配種です。以下のようなローカル名で呼ばれています:: kuweni, kuwini (インドネシア語); kweni, asam membacang, macang, lekup (マレー語); kuwini, ambacang, embacang, lakuik (ミナンカバウ語); kuweni, kebembem (ベタウィ語); kaweni, kawini, bembem (スンダ語); kaweni, kuweni, kweni (ジャワ語); kabeni, beni, bine, pao kabine (マドゥラ語), kweni, weni (バリ語); mangga kuini (北スラウェシ島で); and kuini, guin, koini, kowini, koine, guawe stinki, sitingki, hitingki (マルク州諸島で).

««« 前の記事: 奇想天外(ウェルウィッチア属 Welwitschia mirabilis)‐生きた化石の栽培 次の記事: カリマンタン マンゴ、Kasturi (Mangifera casturi) »»»

土曜日 26.2.2011 20:46 | 印刷 | 外来植物

KPRについて

KPR-ガーデナーズクラブ
KPR‐園芸家 クラブは国際的な園芸家の組織です。 もっと読む
植物の栽培についてのあなたの経験を共有しましょう。庭仕事、植物、その栽培等に関する記事を書いて、私達のボタニックスジャーナルのあなたの母国語版に掲載しましょう! 更なる詳細について私達にメール下さい。

Category: 全て キノコ類 外来植物 害虫 植物の成長に関する知識 椰子類 水中・水生植物 芝生 針葉樹・球果植物