Botanix – 植物に関する会報

Botanix 日本語版

ヒラタケの栽培 (Pleurotus ostreatus)

ヒラタケ(Pleurotus ostreatus) は、今日では通常のマッシュルームよりも一般的になっています。普­通のマッシュルームと比べると、ヒラタケは非常に有利な点があります-それは“死の傘” (タマゴテングダケ)にあるような毒性が無く、紛らわしくないと云うことです。

ヒラタケ(Pleurotus ostreatus)には、毒性物質の攻撃に対して身体を護るビタミン・アミ­ノ酸・ミネラルが豊富です。血液中のコレステロール値を下げる働きがあります。カロリーが低いのでダイエットにも大変有効です。­ガンに対して対抗する成分が含まれているとも信じられています。

ヒラタケ (Pleurotus ostreatus) の育成方法

ヒラタケの栽培には2っの方法があります。-ビニール袋の中で麦ワ­ラで育てる、あるいは木材を使って育てる。

ビニール袋内で麦ワラで育てる方法

先ず最初に麦ワラを準備することが必要です。バクテリア、カビ・糸­状菌や他の細菌類を殺すために殺菌消毒が必要です。殺菌消毒には2っの方法が考えられます:

1)麦ワラを大きな容器(ヤカンとか古い皿)に入れます。水を注い­で麦ワラが覆われるようにします。100℃で1時間煮沸します。温度が20~25℃になるまで麦ワラを冷やします。

2)次の(ずっと簡単な)方法は以下のとおり:麦ワラを大きな容器­に入れ、沸騰している熱湯を上からかけます。麦ワラは、温度が20~25℃に冷えれば、使うことができます。

さあ、大きなビニール袋等に麦ワラとヒラタケの菌類菌糸体を敷いて­寝かせます。-麦ワラの層、ヒラタケの層、麦ワラの層、ヒラタケの層、のように交互に-。1袋の菌類菌糸体に対しては15~20­kgの湿った麦ワラが必要です。(50cmx100cmの袋に丁度良い。)袋に一杯になったら、結んで、約3~5cmの通気穴を­10ヶ所ほど切ります。

低湿度の環境でヒラタケを栽培するなら、麦ワラが乾燥するのを防ぐ­ため、通気穴の数を減らします(必要になったら通気穴を増やせばよいでしょう)。種を播いたら、直射日光が当たらないように、袋­を半日陰に置きます。

ヒラタケを栽培する理想的な温度は15~25℃です。温度が高いほ­どヒラタケは早く育ちます。(高温ほど麦ワラから水分が蒸発し、早く乾燥しますが)。

こういう訳で、ヒラタケに必要な温度を作ることが大切です。与えら­れた時間にヒラタケが必要以上の菌糸を作るようなら、少し温度の低い所に置きます。もしあなたがたくさんの菌糸を必要なら、暖か­い所に置きます。3~4ヶ月後にヒラタケはキノコを作ったら、袋の中の栄養物質が使い尽くされたということなので、新しい培養さ­れた細菌を作ることが必要です(古い麦ワラを追加して作ることができます)1袋からおよそ2~4kgのヒラタケを得ることができ­ます。

材木を使った栽培方法

自然界では、ヒラタケは広葉樹で生育します。こういう理由から、あ­なたも30~80cmの材木で栽培することが出来ます。数種類の葉物樹木(針葉樹は除く)を利用することができます。木材は6ヶ­月未満のものを使います。木材を利用したヒラタケの栽培方法は、たくさんあります。ヒラタケが木材と直接接触することは、木材の­内部の菌糸が生長するために、大変重要です。庭の日陰の部分に土の1/3に菌類菌糸体を打ち込んだ原木を埋めます。乾いたら水で­湿らせます。2~5年間位は菌類菌糸体を打ち込んだ原木はヒラタケを発生させてくれるでしょう。(茎の肥料分の量にもよりますが)

ヒラタケ菌類菌糸体の販売

««« 前の記事: 芝刈りした芝草をどうする(使い道はあるの)?

土曜日 28.5.2011 20:36 | 印刷 | キノコ類

KPRについて

KPR-ガーデナーズクラブ
KPR‐園芸家 クラブは国際的な園芸家の組織です。 もっと読む
植物の栽培についてのあなたの経験を共有しましょう。庭仕事、植物、その栽培等に関する記事を書いて、私達のボタニックスジャーナルのあなたの母国語版に掲載しましょう! 更なる詳細について私達にメール下さい。

Category: 全て キノコ類 外来植物 害虫 植物の成長に関する知識 椰子類 水中・水生植物 芝生 針葉樹・球果植物