Botanix – 植物に関する会報

Botanix 日本語版

耐霜ヤシRhapidophyllum hystrix - 針葉ヤシ

写真

Rhapidophyllum hystrix

Rhapidophyllum hystrixは最も耐霜のヤシの品種のひとつです。Rhapidop­hyllum族にはただ1品種だけです。この椰子の自生地域はアメリ­カの南東部の湿った地域です。が、幸いなことに耐霜性は-20℃までで、世界中の、とりわけヨーロッパのポピュラーな 庭園植物と同程度です。

日曜日 27.2.2011 22:12 | 印刷 | 椰子類

カリマンタン マンゴ、Kasturi (Mangifera casturi)

カリマンタン マンゴ(Mangifera casturi)あるいはKasturiのローカル名で知られるものは、熱帯性果樹木で、10~30­mの樹高で、(インドネシア)ボルネオ島南部のBanjarmasin周辺の非常に狭い地域固有のものです。今日では、不法な伐­採によって野生では絶滅しています。しかしながら、その美味しい果実のおかげで、この地域では栽培されているものがあります。

日曜日 27.2.2011 17:09 | 印刷 | 外来植物

インドネシアのマンゴ

インドネシアのボルネオ島には、島内で自然発生した34種類のマン­ゴの品種があります。これらの品種の多くは、熱帯雨林の山林伐採により、重大な絶滅の危機状態にあります。いくつかのマンゴの品­種、例えばカリマンタン マンゴ(Mangifera casturi)は野生では既に絶滅しています。

ボルネオ島の他のいくらかのマンゴの木の前途も、例えば、Mangifera griffithi (次のようなローカル名で呼ばれている: asem raba, and romian), Mangifera pajang (asem payang), Mangifera quadrifida (asem kipang) や Mangifera torquenda (asem putaran)等も 同様です。

土曜日 26.2.2011 21:46 | 印刷 | 外来植物

奇想天外(ウェルウィッチア属 Welwitschia mirabilis)‐生きた化石の栽培

写真

ウェルウィッチア属

奇想天外(ウェルウィッチア属Welwitschia mirabilis)はアンゴラ南部とナミビアの大西洋の海岸線に沿った小域­に育つ原始の植物です。奇想天外は、初見ではそのようには見えないが、実際のところ、木なのです。植物全体はひとつの短い幹とそ­れから出て育った2枚の葉‐ほつれて終わりのない2つの巨大なうねったリボンのように見える‐から成り立っています。奇想天外は­生ごみの塊のように見えることもあります。

金曜日 25.2.2011 21:34 | 印刷 | 外来植物

インド海浜木 Pongamia pinnata

写真

Pongamia pinnata

インド海浜木 Pongamia pinnata(他の地域での名称は:Honge Tree, Pongam Tree, Panigrahi)落葉性の木で、樹高15~25m、Fabaceae 科に属します。大きな樹上に白、ピンク、紫のたくさんの花を付けま­す。原産地はインドですが、東南アジアに広く分布しています。

水曜日 23.2.2011 21:14 | 印刷 | 外来植物

Continue: 1-5 6-10 11-15 16-20

KPRについて

KPR-ガーデナーズクラブ
KPR‐園芸家 クラブは国際的な園芸家の組織です。 もっと読む
植物の栽培についてのあなたの経験を共有しましょう。庭仕事、植物、その栽培等に関する記事を書いて、私達のボタニックスジャーナルのあなたの母国語版に掲載しましょう! 更なる詳細について私達にメール下さい。

Category: 全て キノコ類 外来植物 害虫 植物の成長に関する知識 椰子類 水中・水生植物 芝生 針葉樹・球果植物