Botanix – 植物に関する会報

Botanix 日本語版

キワノ - ツノニガウリ(Cucumis metuliferus)

ツノニガウリの長さ10~15cmの果実はオレンジによく似ていま­す。ウリ科に属しています。果実には表皮の部分に小さな角があり、旧式の武器を思い起こさせます。果肉は緑色で、普通たくさんの­長さ5~10mmの種子が入っています。熟していない時には、果実の色は緑です。

土曜日 7.5.2011 22:09 | 印刷 | 外来植物

中国茶-あなた自身のお茶の木を育てよう!

写真

冬が終わる前に、全ての園芸家達は、次のシーズンには何を育てよう­かと考えます。トマト、パプリカ、キュウリを育てることにチャレンジすることにも飽きてしまいましたか? 何かほかのものを育て­てみたいですか? もっと変わり栄えのする外来種でも? 今年はあなた自身のためのお茶の木を育ててみるというのはどうですか?!

木曜日 5.5.2011 22:02 | 印刷 | 外来植物

ケシアマツ (Pinus kesiya)

ケシアマツ (Pinus kesiya) はアジア産で成長が早い。自生地の栽培以外では見かけることは殆ど­ありません。樹高は30~35m、幹は直径1mにも達します。各枝は3本の刺があり、長さ約15~20cm。この木の果実(松か­さ・球果)は長さ約5~9cm、種子は約1.5~2.5cmです。

日曜日 27.2.2011 22:37 | 印刷 | 針葉樹・球果植物

種子から育てるマンゴ

最良の発芽結果を得るためには、新鮮な収穫されたばかりの種子を播­くことです。種子は、温度が20~25℃の水に2~6時間ほど浸けておきます。

日曜日 27.2.2011 22:32 | 印刷 | 外来植物, 植物の成長に関する知識

ヤシ Parajubaea torallyi (Palma Chico, ボリビアの山ココナッツ)

Parajubaea torallyiは、南アメリカ産のきれいな耐寒性のヤシです。が、自生地、ボ­リビアの国外では、園芸家が栽培していることは稀です。と云うのは、種子が大きい(輸送コストが高くつく)からです。

ボリビアの自然、それは海抜2700~3400mの高度のアンデス­山脈の谷間の、乾燥した埃っぽい所で、生育します。ですから、このヤシは、世界で一番標高の高い所に生育するヤシの品種にもなり­ます。温度は20℃以上に上がることは本当に稀で、また夜間の降霜はこの高度では、そんなに稀ではありません。冬季に当たる月(­7月、8月)には、-7℃の温度にまで下がることがしばしばあります。年間降水量はたったの550mmです。

日曜日 27.2.2011 22:30 | 印刷 | 椰子類

Continue: 1-5 6-10 11-15 16-20

KPRについて

KPR-ガーデナーズクラブ
KPR‐園芸家 クラブは国際的な園芸家の組織です。 もっと読む
植物の栽培についてのあなたの経験を共有しましょう。庭仕事、植物、その栽培等に関する記事を書いて、私達のボタニックスジャーナルのあなたの母国語版に掲載しましょう! 更なる詳細について私達にメール下さい。

Category: 全て キノコ類 外来植物 害虫 植物の成長に関する知識 椰子類 水中・水生植物 芝生 針葉樹・球果植物